「カラダは楽に、ココロは楽しく」目黒区の学芸大整体院は、首・肩・腰の痛みなどでお悩みの方から、日常の疲れ、睡眠の問題まで「手」だけを使いみなさまを幸せにすることに生き甲斐をかんじております。痛みはカラダからのサインです。学芸大整体院でご自身の体に向き合えるアナタになって下さい。

自律神経のことなら学芸大整体院

東急東横線 学芸大駅から徒歩3分 土・日・祝営業 キッズスペース有ります

「ホームページを見て…」とお電話ください
PCモードに切り替え

起立性調節障害の改善│学芸大整体院へご相談下さい。

子供に起こりやすい「起立性調節障害」

起立性調節障害とは、自律神経の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です。

  • 立ち上がった時の血圧低下
  • 心拍数が上がり過ぎる
  • 朝起きられない
  • 疲れやすい
  • 立ちくらみ
  • 長時間立っていられない

などの症状がみられます。

この疾患は身体的要素以外に精神的、環境的要素も関わって起こると考えられています。

 

「身体的要因のひとつとして」

自律神経系が不安定になることが挙げられます。

 

また、小学校高学年~中学生に多くみられるのは、

第二次性徴期とも重なり、体の機能が大人へと変化していく時期だからです。

この変化が自律神経系にも影響があるため、

循環器系の調節がうまくいかなくなることでおこります。

 

特に真面目で気を遣うタイプの子がなりやすいと言われています。

それはストレスをため込みやすいという精神的、環境的要素に関連すると考えられます。

一番注意しなければいけない事は、本人が頑張ればどうにかなるということではない!

ということです。

 

特に典型的な症状が、「立ちくらみ」「疲れやすい」「長時間立っていられない」などです。

そのため朝起きることが辛く、不登校になる割合も多く、

周りからは「サボっている」などと勘違いされることが多くあります。

しかし、これは起立性調節障害という疾患のためであり、

決してサボっていたり怠けているわけではありませんので、周りが理解していくことも必要な症状です!

 

どうすれば良くなるの?

ひとつ第二次性徴期が過ぎると、徐々に改善されてくることはあります。

また自律神経が大きくかかわっていることから、

なるべくストレスを無くす環境にしたりすることも大切です。

適度な運動や水分補給、塩分補給などもすることがいいとも言われてます。

 

当院にも「起立性調節障害」と診断された10代のクライアント様がおります。

施術をうけることで、筋肉が緩み血流が良くなります。

そのため自律神経のバランスも徐々に整ってきます。

 

その方も何回か施術を受けることで、朝少し起きるのが楽になり、

頭痛も減ってきています。

 

正直この症状は、目に見えるように劇的に良くなるわけではありません。

しかし自律神経を整えることで、少しずつ体は変わっていきます!

 

この症状を理解して、周りがサポートをしてあげる。

そして「良くなりたい!」という本人の想いがあれば大丈夫です!

 

起立性調節障害でお悩みの方!

またお子様が起立性調節障害でお悩みの方!

 

学芸大整体院に一度ご相談下さい。

 

:+。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+。.。:+*
 
自律神経の問題なら【学芸大整体院】へ!

〒152-0004
目黒区鷹番3-18-18 ロフティ学芸大 1F
【TEL】:03-3711-4003(予約専用)
【E-mail】:info@gakugeidai-seitai.com

【HP】:https://gakugeidai-seitai.com
【facebook】:
https://www.facebook.com/okawa.gakugeidai.seitai
 
【LINE@公式アカウント】
ご予約お問い合わせも簡単にできますので登録お願い致します。
line_btn
 
平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00(火曜定休)

:+。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+。.。:+*


【学芸大整体院】学芸大学駅より徒歩3分のカイロプラクティック院

東急東横線「学芸大学」駅から徒歩3分 土・日・祝営業 キッズスペース有 03-3711-4003

〒152-0004
東京都目黒区 鷹番3-18-18 1F

営業時間:
平 日 午前10時~午後21時
(火曜定休日)
土日祝 午前10時~午後18時

メール予約はこちら
ページトップへ
スマホモードに復帰