目黒区の大川カイロプラクテックセンター学芸大整体院は、東急東横線学芸大学駅西口より徒歩3分にあります、頭痛、肩こり、腰痛、など慢性痛改善の専門院です。部分的な痛みを取り除いたり、一時的に痛みを改善したりだけではなく、症状の原因を根本から取り除きます。また、ぎっくり腰・寝違え・四十肩など「つらい症状の改善」に特化した専門院です!

肩こり、腰痛、O脚、自律神経失調症なら大川カイロプラクティックセンター 学芸大整体院

東急東横線 学芸大駅から徒歩3分 土・日・祝営業 キッズスペース有ります

「ホームページを見て…」とお電話ください
PCモードに切り替え

スポーツでカラダのケア!

「運動1番、整体2番」

こんにちは!学芸大整体院の篠田です。

みなさん!元気ですかー

運動していますか~

 

カラダの痛みやコリがある方の共通として
1番言えることは、

「運動不足」です!

人間に限らず、動物ならば動くことは当たり前の行動です。

しかし、人間は世の中が便利になるにつれて、
どんどん動かなくなってきています。

この動かないことがどれだけカラダに影響があるのか?

単純に動かないと体は固まります。

 

これは筋肉を使わなくなることで、
筋肉の動きが悪くなり、血液の供給が低下します。

いわゆる「血行不良」といわれる症状です。

これが長く続くことにより「コリ」ができ、
「痛み」や「しびれ」といった症状が現れるのです。

この「血行不良」を起こさないようにするには、
とにかく動かす!ということです。

それも使い慣れた筋肉だけでなく、
普段使わない筋肉も動かす必要があります。

 

よく「運動していますか?」と聞くと、

「毎日歩いている」
「ストレッチは欠かさずしている」
「ジムで筋トレしている」

などの答えが返ってきます。

もちろんこれらの運動が悪いわけではないのですが・・・

正直これだけでは足りません!

何が足りないのかというと、

使われていない筋肉が多くあるということです。

 

動かないよりははるかに増しですが、
これらの運動は「決まった動き」になってしまいます。

そのことで、せっかくの運動がルーティン化してしまう。

言い換えれば、毎日同じ筋肉しか使わなくなるのです。

 

すると体はその動きに慣れてしまい、
急に違った動きをした時に反応できなくなってしまうのです。

これが「運動をしているのに痛くなった」の原因です。

 

では何をすれば、どんな運動をすれば良いのか?

答えは「ルーティン化しない運動」です。

ストレッチをするにも、日ごとに違う部位を伸ばす。

ウォーキングでも毎回違うコースを歩く。(できればそこに階段の昇り降りなどがあると良い)

筋トレも毎日違う部位をトレーニングする。

などでもOKです。

 

一番オススメするのは、いわゆるスポーツをすること!

テニス、ゴルフ、サッカーなんでもいいもですが、
その時々で動きが変わるスポーツがベストです。

 

もちろん年齢や環境で、できるスポーツも変わっていきますが、

とにかくルーティン化しない運動を心掛けることで、全身の筋肉が動き、

それが、自然とカラダのケアにもなると言うことです。

 

これから暑い季節になりますが、運動も心がけお過ごしください。

➡ブログTOPページへ

:+。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+。
 
慢性痛の改善なら【学芸大整体院】へ!

〒152-0004
目黒区鷹番3-18-18 ロフティ学芸大 1F
【TEL】:03-3711-4003(予約専用)
【E-mail】:info@gakugeidai-seitai.com

【HP】:https://gakugeidai-seitai.com
【facebook】:
https://www.facebook.com/okawa.gakugeidai.seitai
 
【LINE@公式アカウント】
ご予約お問い合わせも簡単にできますので登録お願い致します。
line_btn
 
平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00(火曜定休)

:+。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+。


【目黒区の学芸大整体院】 東急東横線「学芸大学」駅より徒歩3分のカイロプラクティック整体院

東急東横線「学芸大学」駅から徒歩3分 土・日・祝営業 キッズスペース有 03-3711-4003

〒152-0004
東京都目黒区 鷹番3-18-18 1F

営業時間:
平 日 午前10時~午後8時
(火曜定休日)
土日祝 午前10時~午後6時

メール予約はこちら
ページトップへ
スマホモードに復帰